有効活用

EFFECTIVE USE

住宅性能評価・劣化対策等級3取得

厳格な基準「住宅性能 劣化対策等級3」取得

劣化対策等級は、構造躯体の劣化のしにくさを示します。
木材のシロアリ対策や鉄筋の錆対策など、住宅劣化対策等級の基準を満たすことで、建物を長寿命化させることができます。
等級3が最も性能が高く、3世代(75~90年程度)まで長持ちする対策が講じられています。


住宅性能評価書 FDSの物件は設計性能評価・建設性能評価を取得します。

第三者機関による客観的かつ公正な評価「住宅性能評価書」。
構造計算においては専属の構造設計事務所のみならず、自社の建築士のチェックを含め複数の厳しいチェック体制を実施。
さらに、第三者機関による「住宅性能評価書」の取得を義務づけるなど、設計・施工から販売・管理に至るまで少数精鋭による自社一貫体制により「安心」「やすらぎ」「くつろぎ」の創造を追求しています。

住宅性能評価書
FDSの物件は設計性能評価・建設性能評価を取得します。

第三者機関による客観的かつ公正な評価「住宅性能評価書」。
構造計算においては専属の構造設計事務所のみならず、自社の建築士のチェックを含め複数の厳しいチェック体制を実施。
さらに、第三者機関による「住宅性能評価書」の取得を義務づけるなど、設計・施工から販売・管理に至るまで少数精鋭による自社一貫体制により「安心」「やすらぎ」「くつろぎ」の創造を追求しています。




住宅性能評価書交付までの流れ